ウーマン

早期の対策が必須|貧血によく効くサプリメントを利用する

摂取すると健康になる

油

摂取が難しくなってきた

脂肪と聞くとあまり体に良くないイメージですが、脂肪は人間が生きていく上で無くてはならないものです。現在の日本は豊かで食に困ることはありませんが、食の欧米化が進みこれまでの日本人の食事の中で十分に摂取する事ができていたオメガ3脂肪酸が摂取出来なくなってきています。オメガ3脂肪酸は、DHA、EPA、DPAを含む脂肪酸の事で、青魚やクルミ、エゴマ油や亜麻仁油に多く含まれています。食の欧米化が進む前の日本では、青魚などの魚が食事の中心だったので十分に摂取できていましたが、肉が食事の中心になってきてしまったのであまり摂取できなくなってきました。オメガ3脂肪酸を多く摂取するには、青魚を多く食べることや、サラダにエゴマ油や亜麻仁油をかけて食べるように少し工夫するだけで摂取できるようになります。

体に良いことばかり

オメガ3脂肪酸はDHA、EPA、DPAを含む脂肪酸で、とても体に良い働きをしてくれます。血液中の脂肪濃度を下げる働きがあるため、コレステロールや中性脂肪を下げ、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧の予防につながります。また、代謝を上げる働きがあるためダイエットにも効果的です。オメガ3脂肪酸を摂取して運動をすると、摂取しない時より多く脂肪燃焼をします。そして、オメガ3脂肪酸には脳を活性化する働きもあり、認知症の予防や進行を遅らせる事にも効果的です。このように体にとても良い効果を発揮します。油を摂取するのは体にあまり良くないと思われがちですが、オメガ3脂肪酸の良質な油は体にとても良いものです。1日に一度はオメガ3脂肪酸を含む食材を取り入れる事が健康につながります。